頭のてっぺん薄いよ

 

AGA専門医に薄毛治療に通うようになって2か月が経ちました。

受診するまでは結構悩んだ私ですが、今思えばその悩みはなんだったんだろう?と思ってしまいます。

薄毛は医者に相談した方がいい・・・・っていうのはCMなどをみてもよく理解してはいたんですが、なかなか一歩が踏み出せませんでした。

薄毛=病気ということを認めたくなかったのか、もしくは本当に自分はAGAなのか・・ということを認めたくなかったのか・・そのころはああでもない、こうでもない、と悩み続けていました。

考えてみれば、自分としっかりと向き合う、薄毛の自分としっかりと向き合うっていうことが足りなかったんだと思います。

私の場合、頭頂部から薄毛がひろがっていったので、自分ではなかなか自覚しにくいところではありました。

ただ、全体に髪の毛の量が減ってきたのは確実に意識していましたし、妻からもちょくちょく指摘されていましたから、自覚が無かったというわけではありません。

決定的だったのは、友人の一言でした。

ゴルフ友達の友人たち3人とゴルフのあとサウナで

「○○、お前、ずいぶんハゲてきたなぁ」

とズバリ指摘されたことです。

「頭のてっぺん、薄いよ」という直接的な表現が私を動かしてくれました。

▼薄毛の謎▼
http://hakubanavi.com/